ドイツ建築視察ツアー2016 事後報告セミナーを開催します

16.02-ƒhƒCƒcŒš’zƒcƒA[-02-out

 あらゆる面において、ものごとの本質を追求するドイツ。伝統と合理性を重んじ、欧州を牽引する大国でありながら、化石燃料に頼らない低燃費社会を目標に掲げています。
 「AIMORI ECO PRDUCTS」は、長年に亘り、ドイツ企業との協働を続けていることから、この国の現状と未来についての考え方を学ぶ機会を是非設けたいという主旨のもと、建築家 小室大輔氏をコーディネーターに迎え、ドイツの住まいの文化や建築を視察するツアーを、過去2回にわたり企画してきました。
 3回目となる今年は、東京大学、前真之准教授に同行頂き、住宅展示場や最新の設備機器メーカーなどを視察した他、木組みの街並みが残るハルツ地方の小都市や、近代の建築・工業デザインに多大な影響を与え続けてきたバウハウスにも立寄りました。また、最後に訪れたベルリンでは、ドイツの近代の歴史を学ぶとともに、この国の首都が持つ魅力に触れることができました。
 今回の視察を通じ、ドイツの技術やものごとに対する考え方、長期的視点の大切さなど、多くの示唆を得られたことから、今回、事後報告セミナーを開催し、全国の建築関係の皆さまと共に、日本が未来に向けて取り組むべきことや、これからの住宅や建築の方向性について、多様な意見交換を行いたいと存じますので、多くの皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

セミナープログラム
・特別講演:前 真之 氏(東京大学工学部建築学科 准教授)
 「ドイツから学び、未来に向けて日本で取り組むべきこと」
・視察報告:小室 大輔 氏(一級建築士事務所 エネクスレイン代表)
 「世代を超えた文化が未来を織りなすドイツ建築視察ツアー2016」
・意見交換会:視察参加者、一般参加者

お申し込み
本セミナーの詳細及びお申し込みはこちらのPDFをダウンロードの上、FAXまたはE-Mailにてお申し込みください。

主催:あいもり株式会社/協力:一級建築士事務所 エネクスレイン

Comments are closed.