5月, 2014のアーカイブ

『ほたて漆喰そとかべ ビオシェル』市営住宅に採用される!

火曜日, 5月 13th, 2014

弊社の外壁材『ほたて漆喰そとかべ ビオシェル』が北海道伊達市の市営住宅新築工事(駅前団地)で採用されました。
この建物はRC造5階建てで、ビオシェルはバルコニー面で使用されています。
RC下地に厚さ70mmのセルボード(EPS断熱材)をビオシェル下塗り材で貼り付けします。


次にセルボード(EPS断熱材)の上に下塗り材を2mm厚で塗布し、ビオシェル専用グラスファイバーメッシュを伏せ込んで下塗り工程は完了です。


次に下塗り材が完全に乾燥した後に、ビオシェル上塗り材を2mm厚で施工し上塗り材が乾燥した後に、専用のシーラー材、オーバーコート材を塗布して完了です。写真の上塗り材はウエーブを使用しました。



完成写真がこれです。


駅前団地は海《内浦湾(噴火湾)》に近く塩害を受けやすいところですが、『ほたて漆喰そとかべ ビオシェル』によって建物を長期間保護する役割を担っております。
ちなみに北海道伊達市は北海道の湘南と呼ばれており、温暖で冬でも積雪が少ない地域でちょっとは有名です。近くには洞爺湖、有珠山、昭和新山、登別温泉など全国でも有名な所がいっぱいです。是非、一度足を向けてみては如何でしょうか。